銀行からお金を借りる住宅ローン

MENU

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利は、公庫の場合だと固定金利でしたが、現在銀行で扱う金利は長期固定金利と短期固定金利、変動金利の3種類あります。

 

まずは、長期固定金利ですがこの特約契約を行うと他の金利に変更は出来なくなりますので注意が必要ですが、長い借入期間の間、固定の金利が適用されますので景気の変動などにより金利が上昇することはありません。

 

このため、返済額が一定になりますので、資金計画を立てやすく、繰り上げ返済の予定をあらかじめ想定することもできます。

 

しかし、現在のようにデフレ経済により低金利時代の場合、変動金利のほうが金利が低いため返済額などで不利になります。このような場合、短期固定金利を選択する手があります。

 

短期固定金利は、一定期間固定金利を適用しますが、この期間が終わったときに変動金利に乗り換えるか、このまま短期固定金利を再継続するか選択することができます。

 

ただし、景気が上昇気味のときに短期固定金利を選んでしまうと、期間が終わったときにさらに金利が上がっている可能性があります。

 

変動金利はもちろん、短期固定金利もこのとき金利は見直されていますので、当初よりも金利が上がってしまい返済額が増えてしまうことがありますので、ある程度景気の動向を予測する必要があります。

 

変動金利は、読んでごとく金利がたえず変動することになります。金利が変動するタイミングは銀行が出す短期プライムレートに連動して金利が見直されます。

 

ただし、短期プライムレートは適宜見直されますが、住宅ローンの変動金利は2年ごとに見直されます。また、固定金利への乗り換えも可能なっていますので、金利が上がり気味であれば素早く固定金利に乗り換えて返済額を抑えることができます。