銀行からお金を借りる住宅ローン

MENU

住宅ローンの借入期間

住宅ローンの返済方法は、二通りあってよく理解して選ばないと返済額が増えてしまうことになりますので銀行窓口でよく説明を聞いて試算してもらいましょう。

 

住宅ローンの返済は、元利均等返済と元金均等返済があり、それぞれメリット・デメリットがあります。まずは、元利均等返済方式ですが、借りた元の額と利息分を加えた毎月決まった額を返済していく方式で、長期固定金利であれば完済するまで返済額は変わらないことになります。

 

変動金利の場合では、5年ごとに返済額の見直しがされますので、金利が上がったからと言ってすぐに返済額が増えるわけではありません。

 

元金均等返済では、返済額が固定されますので、生活するうえで急な出費などに対応ができますが、借りたお金の額が大きいと利息もそれなりにありますので、元金均等返済の場合、最初は利息分を返済するかたちとなるので借りた元金がなかなか減らない感じがします。

 

次に元金均等返済は、借りたお金の元金を返済期間の月数で割ったものに月ごとの利息を足し合わせた額を毎月返済していくものです。返済額の負担はありますが、返済総額では元金均等方式よりも少なくなるほか、借りた元金が確実に減っていきます。

 

どちらを選択するかは、人それぞれの生活設計がありますので、よくシュミレーションして決めましょう。また、返済の負担を少しでも減らすのであれば、繰り上げ返済により早く利息分を減らしていけば、どちらの方法をとっても変わりはないと言えるでしょう。