銀行からお金を借りる住宅ローン

MENU

住宅ローンの年齢制限

一般的にローンの返済期間は出来る限り短くして早く返すことが鉄則とされていますが、住宅ローンの場合、大抵は一千万を超える多額のお金を借りることになりますので、一般の人が毎月何百万円も返済することは非常に困難と言えます。

 

また、結婚して間もないときに住宅ローンを組む人の中には、家計の出費が少ないからと返済額を多めにして借入期間を短くする人もいますが、将来子どもができて学費などの出費がかさんできたり、会社の業績が悪化して収入が減ることもあり得るため、今の現状を維持できると言う時代は、終わったと考えるべきでしょう。

 

このため、住宅ローンの借入期間は、長めに設定して毎月の返済額の負担を軽くするのが一般的になっています。

 

確かに、借入期間が長いということは、それだけ利息がかかることになりますので、総じて総返済額が増えてしまいますが、毎月の返済額が大きいと、不測の事態に対応できなくなるリスクがあることを十分理解しておく必要があります。

 

それよりは、夫婦がともに働きに出れるうちにお金を貯めて、借り換えや繰り上げ返済を行って、返済額を減らしていく方が得策ではないでしょうか。

 

また、金利が高い時に住宅ローンを組んだ場合、借入期間を長く設定すると毎月の返済額の負担を減らすだけでなく、金利の低い住宅ローンへの借り換えも行いやすくなります。

 

ただし、住宅ローンを組んだ時の年齢が高い場合は、退職金を当てにして完済する方法を考えている人もいますが、年齢制限で借入期間を長く出来ない場合もありますので、銀行窓口で確認してみましょう。