銀行からお金を借りる時の基礎知識

MENU

銀行からお金を借りるときの種類

銀行と言うと一般の人は、お金を預けに行くことを考えますが、企業や事業主のオーナーからみると資金調達の場でもあるのです。

 

預金、為替、融資と銀行の三大業務になりますが、銀行の利益をもたらすのが融資になります。このため、銀行の融資は一般的には法人向けに行われています。
法人の信用格や成長度に応じて融資額や金利を決定して、預金利息と融資金利の利ザヤが大きく生まれる仕組みになっています。

 

ところで、銀行からお金を借りるときの融資は、形態と使途によって種類分けされています。まず融資の主な形態は、手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越の4つに分類されます。

 

手形割引は、借用証書の代わりに、持っている手形を担保に銀行からお金を借りる融資形態で、手形の期日前に現金化することが出来ます。手形貸付は、銀行の融資専用手形を担保にお金を借りる方式です。

 

証書貸付は、銀行と借用契約署を交わしてその契約に基づいてお金を借りるものです。

 

当座貸越は、小切手や手形を振り出すために開設された当座口座にお金が振り込まれる仕組みになっています。

 

ちなみに、世間で不当たりを出すという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、この当座口座に手形や小切手が振り出せなくなったことを言います。

 

次に、使途いわゆるお金の使い道で分けると、運転資金、設備資金、納税資金、賞与資金に分けることができます。

 

バブルのとき、お金を借りる使途は何でも大丈夫でしたが、これが破たんの原因ともなって現在は厳格に規制されていますので、銀行からお金を借りて何の目的で何に使うかを明確にしなくてはなりません。

 

 

おすすめの銀行カードローン
  銀行名 特徴 申し込みサイト
オリックス銀行 来店・口座開設不要! ≫オリックス銀行の申し込み
横浜銀行 月々の返済が2,000円から! ≫横浜銀行の申し込み
千葉銀行 最大2か月分利息実質0円! ≫千葉銀行の申し込み
住信SBIネット銀行 圧倒的な超低金利設定! ≫住信SBIネット銀行の申し込み

 

すぐにお金が必要な場合

今日中にお金が必要など急ぎの時は、プロミスやアコムのカードローンに申込みするといいです。
審査時間も早く、最短だと申込から1時間ほどで借入する事も可能です。土日祝日も対応しています。
また、プロミスは女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方にもおすすめですよ。

  銀行名 特徴 申し込みサイト
プロミス 最短即日融資が可能 ≫プロミスの申し込み

≫女性の方はこちら

モビット 10秒で簡易審査結果表示 モビットの申し込み
銀行口座に振込

平日14時までに、申込して契約が完了していれば、その日のうちにお持ちの銀行口座にお金を振込してもらう事が出来ます。

 

自動契約機でカード発行

14時以降の契約の場合は、銀行の振込時間に間に合わないので、即日中の銀行振込は出来ません。ただ、アコム・プロミス・モビットは自動契約機があるので、審査完了後に自動契約機に行く事で、ローンカードを発行する事が可能となっています。
ローンカードが発行できれば、コンビニATMなどでいつでもお金を借りる事が可能となっています。遅い所であれば、22時まで自動契約機を利用する事が出来ますよ。

 

土日祝日でもカード発行可能

土日祝日の場合は、銀行は閉まっているので口座へ振込してもらう事が難しくなります。この場合は、審査完了後に自動契約機に行けば、ローンカードを発行してもらえます。
土日祝日でも、遅いところだと22時まで自動契約機の利用が出来、カード発行する事が可能となっています。